シュノーケルとはこんな遊び

シュノーケルとはこんな遊びですシュノーケルの特徴や必要な機材を紹介

シュノーケリングとは、水中マスクとシュノーケルと呼ばれるパイプのような器材を使って、水面に浮いた状態で海の中の景色を楽しむマリンスポーツです。
スキューバダイビングのように水中には潜りませんので、資格などは必要なく比較的簡単に楽しめるのがシュノーケルの特徴です。年齢を問わず手軽にできることから、泳ぎが苦手な方やお子様でも体験しやすいマリンスポーツと言えるでしょう。

シュノーケルは誰でも出来るの?

シュノーケリング風景

シュノケーリングは、それほど高度なスキルやトレーニングが必要な訳ではありませんので、泳ぎの苦手な方やお子様でも気軽に楽しむことが出来るでしょう。
年齢を問わずどなたでも楽しめるマリンスポーツと言うことが出来ます。
ただし、気軽に楽しめることから事故が多く発生しているのも事実です。安全には十分に注意して無理がない範囲で楽しむことが大切です。

ダイビングショップなどが開催しているシュノーケルツアーでは、インストラクターが安全面を管理してくれますので、泳ぎに不安がある方でも安心して参加できるのでお勧めです。
このようなツアーでは、参加年齢を制限していることが多く、6歳から60歳前後に制限されていることが多いようです。ショップにより年齢制限は異なりますので、小さなお子様や高齢の方がいる場合でも参加できるツアーもあるようです。
参加条件として、病歴の確認が行われることが一般的です。リスクの高い病歴がある方は、参加が出来ない場合や医師の診断書の提出が求められることがあります。参加者の安全を守るために行われていますので、必ず守るようにしましょう。

シュノーケルで必要な器材

シュノーケルを楽しむためには、まずは「マスク」と「シュノーケル」が必要になります。
これは海に顔を付けて水中を見るための器材になりますので、皆さんもなんとなくイメージがつくのではないでしょうか。
その他にも、シュノーケルを楽しむためには幾つか必要な器材があったり、必ず必要なものではありませんがあると便利な器材もあります。また、シュノーケルをする海によっては必要になる器材もありますのでご紹介します。

ショップのツアーなどでシュノーケルに参加する場合には、必要な器材は無料レンタルであることが多いので準備する必要はないでしょう。
参加するシュノーケルツアーによって、持ち物が異なることもありますので事前に確認をするようにしましょう。

水中マスク

水中マスク

シュノーケリングでは、鼻が覆われた水中マスクを利用することが一般的です。
水泳で使うゴーグルでも海の中を見ることは出来ますが、鼻が覆われたシュノーケル用のマスクを利用すると快適に楽しめます。お手頃な価格で購入できるものもありますので、シュノーケル用のマスクを準備することをお勧めします。

シュノーケル用のマスクは、2,000円程のお値打ちな物あれば10,000円以上するダイビングでも使える物まで様々なものがあります。値段によって材質や耐久性の違いはもちろんありますが、一般的に販売されているものでしたらどれを選んでも問題なく利用することができると思います。
初心者にとっては、マスクに水が入ることが大きなストレスになってしまい、楽しさが半減してしまうことも少なくありません。マスクに水が入る原因は、顔との相性によることが多いのでフィットするものを選ぶと良いでしょう。心配な方はお店で実際に付けてみてから購入すると、ある程度フィット感を確認することが出来るので安心です。
視力が悪い方は、度が入ったマスクも販売されていますが、度付きのマスクは10,000円前後の金額は必要になります。シュノーケルは、ソフトコンタクトレンズでしたら問題なく利用できますので、普段ハードコンタクトや眼鏡を利用すている方は、シュノーケル時には使い捨てのソフトコンタクトを準備することをお勧めします。

新品のマスクには、レンズ部分に油膜が付いていて水中での曇りの原因となります。購入後は、中性洗剤や歯磨き粉などで水を弾かなくなるまで良く洗っておきましょう。油膜が残っていると、曇り止めを塗っても曇りやすくなってしまいます。

シュノーケル

シュノーケル

水面に顔を付けたまま呼吸をする筒状の器材がシュノーケルです。
お値打ちなものはマスクとセットで販売されていることも多く、始めてシュノーケルを楽しむ方はセットで購入するとお値打ちに購入ができます。一般的に販売されているほとんどの物は、水抜きがしやすい排水便が取り付けられていたり水が入りずらい構造になっています。シンプルな構造の器材になりますので、どれを選んでも機能にそれ程大きな違いはないと思います。
ただし、どんなに高価なシュノーケルを利用しても、使い方によってはある程度の水は入ってきます。シュノーケルは構造上どうしても水が入ってしまいますので、シュノーケルに入った水の出し方など基本的な使い方を身に着けて楽しむようにしましょう。

水中マスクとシュノーケルだけでなく、フィンを含めた3点がセットになった物もお値打ちに購入することができます。
セットで販売されているフィンは、素足で履く簡易的なタイプの物が多いようです。海水浴場など足場の良い場所でのシュノーケルには適していますが、青の洞窟がある真栄田岬ではブーツを履いたまま装着できるフィンがお勧めです。
シュノーケルを楽しむ場所に適して機材を選ぶようにしましょう。

ライフジャケット

ライフジャケット

ライフジャケットは、体が水に沈まないようにするための器材で、シュノーケルベストなどとも呼ばれています。
シュノーケルで使うライフジャケットは、船などに備え付けられている救命胴衣とは多少異なり、動き易さなどの快適性を重視したものが多いようです。体にフィットし呼吸が出来る状態まで浮力が確保できるものを選ぶようにしましょう。
海での事故は、ライフジャケットを付けていれば助かったと思われる事故が多くあります。子どもはもちろん、大人や泳ぎに自信がある方も着用するようにしましょう。また、一部もシュノーケルポイントでは、ライフジャケットの利用を義務付けられていることもあります。
ライフジャケットには様々なタイプがありますが、命を守る大切な器材ですのである程度しっかりしたものを選びたいものです。
シュノーケルに適したライフジャケットは、3,000円~4,000円前後で購入できるものが多いようです。

フィン・足ヒレ

フィン・足ヒレ

足に取り付けて推進力を強める為の器材が足ヒレです。
慣れるまでは使いにくいと感じる方も居るようですが、潮の流れや波などに逆らって泳がないといけないこともありますので、シュノーケルをするときには準備をしておきたい器材の一つです。
足ヒレには色々な種類がありますが、素足に直接履くフルフットタイプとマリンブーツを履いた状態で利用するストラップタイプの2つに大きく分けられます。

砂浜やボートなど、足場が良い場所でシュノーケルを楽しむ場合にはどの様な物でも問題ありません。岩場などを歩いて海に入る必要がある場合にでは、マリンブーツを履いたまま利用できるストラップタイプの物がお勧めです。シュノーケルをする海によって適した器材を使うようにしましょう。
フィンは商品により価格に大きな開きがあります。ホームセンターで販売されているものは2,000円前後で購入できるものもありますし、ダイビング用の物は20,000円を超えるものも珍しくありません。
脚力や泳ぐ海域などに合わせた商品を選ぶと良いでしょう。

マリンブーツ

マインブーツとは、海の中で履く靴のような器材です。水に濡れても大丈夫なように作られていて、ウエットスーツと同じような素材で作られていることが多いです。
マリンブーツにも色々な種類があり、砂浜や川などでの利用を前提にした簡易的なものは、ホームセンターなどで2,000円前後で販売されていますが、シュノーケルをする環境によては適さないこともあります。岩場など足場が悪い場所で利用する場合には、足首まで覆われていて靴底も丈夫なものを選ぶと良いでしょう。
シュノーケルをする海には、ウニなどの棘を持った生物が多く生息しているだけでなく、カサゴなど毒を持った生物がいることも珍しくありません。危険生物から身を守るためにも、ある程度しっかりしたものを選ぶようにしましょう。
ダイビングショップやマリンショップで販売されているものは、5,000円前後のものが多いと思います。

ウエットスーツ

ウエットスーツ

ウエットスーツとは、発泡したゴムで作られている保護スーツです。
ウエットスーツは、体温を保護する目的で作られていますので、水温が低い海でも着用することで快適に楽しむことが出来ます。海水浴などとは異なり水に入っている時間が長くなるシュノーケルでは、温暖な地域以外では通年利用することが一般的です。

沖縄の夏は水温が高くなることから、7~9月でしたらウエットスーツが無くても寒さを感じることは少ないと思いますが、岩場などでの擦り傷や毒がある生物から身を守るためにも、出来れば着用したい器材になります。
ただし、ウエットスーツは20,000~80,000円程とある程度の金額が必要になる器材ですし、持ち運ぶときのもかさばるなどのデメリットもあります。

その他あると便利なもの

シュノーケルを楽しむためには、それ以外にもあると便利な器材が沢山あります。
長時間海にいることになりますので、ラッシュガードや日焼け止めなど、紫外線対策になるものを準備しましょう。また、肌が弱い方などは、日焼け後の保湿剤などがあると良いでしょう。
マリンブーツは、水中では快適に利用できるように作られていますが、海から上がった後は快適とは言えません。ビーチサンダルなどを準備しておくと良いでしょう。
ウエットスーツの下に着る水着を準備しましょう。水着はどの様な物でも構いませんが、男性は体にフィットしたもが快適です。女性はビキニタイプのものがトイレや着替えなどで便利です。
海から上がった後に顔を拭いたりシャワー後などに利用するタオルを準備しましょう。出来れば2枚程準備しておくと安心です。外で水着になったり大人数で着替えることもあると思いますので、大きめのバスタオルを準備しておくと安心です。また、ポンチョタオルなど着替えに利用できるタオルも女性にはお勧めです。
ポンチョタオルを探す【楽天市場】
濡れた水着やタオルなどを入れるマリンバッグがあると便利です。無い場合には、厚手のビニール袋を準備しておきましょう。
そのほか、水中カメラなどがあるとシュノーケルがより楽しいものになるでしょう。

シュノーケルを楽しむときの注意事項

シュノーケルは、ライセンスなどが不要で気軽に楽しめるマリンスポーツである反面、トレーニングを受けていないことから事故が多い遊びでもあります。また、本人も気付かないうちに環境を傷つけてしまうことがあるなど、注意していただきたいこともあります。
シュノーケルを楽しむ時に注意していただきたいことを紹介します。

健康状態の確認をしましょう

シュノーケルは、特定の病歴がある方にとってはリスクが高いマリンスポーツになります。
シュノーケルツアーで参加する場合には、ショップで健康状態の確認が行われてますが、個人でシュノーケルを楽しむときには自分で確認するようにしましょう。
シュノーケルにリスクが高い病歴としては、糖尿病や高血圧などの生活習慣病、てんかんや喘息など発作が出る可能性がある病気などが挙げられます。また、飲酒をしている場合は、判断力や運動能力が損なわれるだけでなく、循環器系に大きな負担が掛かり病気を誘発することもあります。そのほか、妊娠中の方もシュノーケルは控えた方が良いとされています。
健康状態の確認は、病歴をチェックしようのページで紹介しています。

安全確認をしましょう

シュノーケルツアーに参加する場合には、インストラクターが安全面を受け持ってくれますが、個人でシュノーケルを楽しむときには自分自身で安全を確保する必要があります。また、トラブルが発生した場合などで、自分たちで対処出来るかを考える必要があるでしょう。
シュノーケル事故は、本人の過信が原因の場合もあれば、知識や経験不足が原因の場合もあるでしょう。また、些細なトラブルから大きな事故に発展してしまうことも少なくありません。
個人でシュノーケルを楽しむ場合には、必ずバディーシステムを守りお互いの安全を守ることを意識して楽しみましょう。また、常に控えめな判断をし、少しでも不安がある時には中止をする判断が大切です。
シュノーケルに不安がある方は、シュノーケルツアーに参加したり管理された監視員がいる海などで楽しむと安心です。

環境に気を付けて楽しみましょう

シュノーケルは、海の自然を楽しむマリンスポーツです。自然環境を傷つけないように楽しむようにしましょう。
ゴミを捨てたりする方は少ないと思いますが、傷つきやすい海の生物を傷つけないことも大切です。海の浅瀬であっても、サンゴなどの自然生物が多く生息しています。足を着いたり手で触れたりしないように注意して楽しみましょう。
また、魚などの水中生物の採取なども行わないようにしましょう。

ローカルルールにも注意しよう

シュノーケルポイントには、その場所独自のルールが作られている場合が有ります。
多くの人が訪れる場所では、みんなが楽しめるようにルールが作られていることもありますし、漁協などが管理している海では漁の支障にならない為に作られたルールもあります。また、潮の流れが早かったりカレントが起こる海など、事故が多い海では遊泳を禁止していることもあります。
地域独自のローカルルールは、その海をよく知っている方に確認し必ず守るようにしましょう。

アクティビティ予約サイト 沖縄トリップ

レジャー・遊び予約サイト アソビュー

旅先体験の予約プラットフォーム KLOOK

あわせて読みたい 関連記事

ページトップへ戻る