シュノーケルやダイビングの年齢制限

シュノーケルやダイビングの年齢制限参加年齢が制限されている理由とは?

ダイビングやシュノーケルツアーに参加する場合には、ツアーを開催しているショップで年齢制限が設けられていることが一般的です。
これらの年齢制限は、参加者の安全を守るために設けられている場合とツアーをスムーズに運営するために設けられている場合が有ります。
また、ダイビング指導団体が作った統一ルールもあればショップ独自のルールもありますので、ツアーによて参加年齢が異なる場合があります。

シュノーケルの年齢制限

シュノーケルの参加年齢は、ダイビング指導団体などが定めた統一のルールはありませんので、ツアーを開催しているショップが独自で決めていることが一般的です。

年齢制限

シュノーケルのツアーでは、お子様の参加年齢を5~6歳以上としているショップ多いようですが、一部ではもう少し小さなお子様でも参加できる場合もあるようです。
青の洞窟シュノーケルでは、大人数で開催して集団行動をするツアーもあれば、グループごとに個別で開催してくれるツアーもあります。
大人数で開催するツアーの場合には、小さなお子様がいるとツアーがスムーズに進められないこともあるため、6歳前後の年齢で制限していることが多いようです。それに対し、個別で開催しているツアーであれば、他のお客様のことを考慮する必要がありませんので、お子様のペースに合わせることができることから、4歳や5歳など少小さなお子様でも参加できることも多いようです。
ただし、海はプールなどと異なり波や潮の流れの影響を受けることもありますし、岩場などでケガをしてしまうこともあるでしょう。また、毒を持った危険生物なども生息しています。これらは、大人であれば避けることが出来たり些細なケガですむことも多いものですが、小さなお子様の場合には重大事故に発展してしまうことも考えられます。
このような事情により、3歳以下の小さなお子様が参加できるツアーは少ないでしょう。参加される保護者の方も、小さなお子様がいる場合には次の機会に参加を検討されることをおすすめします。

高齢者の年齢制限は、60歳前後としているツアーが多いようですが、一部ではもう少し高齢の方でも参加できる場合もあるようです。
高齢者の年齢制限を定めている理由としては、健康状態に起因する事故を防ぐことが一番の目的です。シュノーケルは、循環器系や呼吸器に負担が掛かるマリンスポーツで、統計からも高齢になればなるほどリスクが高いことが分かっています。
一言で高齢者と言っても、日ごろから運動や食事に気を使っており健康な方もいれば、生活習慣病などの持病を持っている方もいるなど、参加者によって健康状態には大きな違いがあります。そのため、60歳以上の方には健康診断や医師の診断書の提出を義務付けており、医師により健康状態に問題が無いと診断された場合のみ参加できることが多いようです。少し手間が掛かるかもしれませんが、自分の安全を守るためはもちろん周りに迷惑を掛けないためにも、参加するツアーのルールに協力をするようにしましょう。

ダイビングの年齢制限

ダイビングの参加年齢は、全てのツアーでダイビング指導団体(下記で説明しています)の定める年齢制限を守る必要があります。また、ツアーを開催しているショップが独自にさらに厳しい年齢制限を定めている場合が有ります。

ダイビング指導団体の定める年齢制限は、10歳以上となりますので10歳未満のお子様はダイビングに参加することができません。ショップが独自の年齢制限を定めている場合もありますが、この場合もダイビング指導団体の年齢制限を守る必要がありますので、10歳未満のお子様はダイビングには参加することはできないことになります。

ダイビングの年齢制限は、体が大きいとか泳ぎが得意などの要素で決められているのではなく、身体が受ける水圧の影響を基に参加年齢が決められています。
ダイビングは水中に潜るマリンレジャーですので、身体が水圧の影響を直接受けることになります。
水圧が身体に及ぼす影響は様々なものがありますが、耳、肺、副鼻腔などの体内にある空間は大きな影響を受けることになります。また、水圧下ではガス昏睡による意識障害が発生することもあれば、減圧症などの潜水病も水圧の影響で発症します。
これら水圧の影響は、子供の三半規管に回復しない後遺症を負う可能性があることが分かっています。ガス昏睡や減圧症などに関しては、子供の身体にとってどの様な影響を与えるのかが良く分かっていないことも多く、安全性が確認されていないことから年齢制限が設けられています。このような理由から、子供がダイビングに参加することの安全性が確立されていないことが、参加年齢を10歳以上としている一番の理由となっています。
子供がダイビングをしたいと言えば、親としては体験させてあげたいと思う気持ちも理解できますが、安全のために10歳になってから参加するようにしましょう。
(※一部のダイビング指導団体では、プールでのダイビングに限定して10歳未満でもダイビングに参加できるコースが設けられています。ただし、これらのメニューは浅瀬であっても海での開催は認められていません。)

高齢者の参加年齢は、ダイビング指導団体のルールでは定められておりませんので、ショップ独自の判断で年齢制限を定めていることになります。シュノーケルと同じく、高齢者の参加年齢を60歳前後としているツアーが多いようですが、一部ではもう少し高齢の方でも参加できる場合もあるようです。
高齢者の年齢制限を定めている理由は、シュノーケルと同じく健康状態に起因する事故を防ぐことが一番の目的です。
そのため、60歳以上の方には健康診断や医師の診断書の提出を義務付けており、医師により健康状態に問題が無いと診断された場合のみ参加できることが多いようです。少し手間が掛かるかもしれませんが、自分の安全を守るためはもちろん周りに迷惑を掛けないためにも、参加するツアーのルールに協力をするようにしましょう。

ダイビング指導団体の統一ルールとは

ダイビングやシュノーケルを引率するには、インストラクターなどのプロライセンスが必要になりますが、これらのライセンスは国が発行している免許とは異なり、民間のダイビング指導団体などが発行しているライセンスになります。
インストラクターなどのプロライセンスは、国が発行している国家資格ではなく民間のライセンスではありますが、「沖縄県水難事故の防止及び遊泳者等の安全の確保等に関する条例」により、ガイドをする者に必要な資格として定められています。
そのため、インストラクターなどのプロライセンスが無い方が、お客様を海に案内することは条例により禁止されていることになります。
ダイビング指導団体は、シュノーケルやダイビングを安全に行うことを目的に様々なルールを作っており、全てのプロメンバーにはこのルールを守る義務が発生し、そのうちの一つに参加年齢のルールがあります。
沖縄では条例上、全てのショップはダイビング指導団体のルールを守る必要があることになります。
ダイビング指導団体についてはダイビングライセンスのページをご確認ください。

アクティビティ予約サイト 沖縄トリップ

レジャー・遊び予約サイト アソビュー

旅先体験の予約プラットフォーム KLOOK

あわせて読みたい 関連記事

ページトップへ戻る