沖縄 青の洞窟がある場所とアクセス方法

青の洞窟の場所とアクセス方法レンタカーやバスでの行き方と所要時間

青の洞窟に遊びに行くには、青の洞窟がある場所と移動手段を事前に確認しておきましょう。
沖縄での移動はレンタカーの利用が便利ですが、免許が無かったり運転が苦手な方はバスやタクシーなどを利用することになると思います。青の洞窟までの、レンタカーでの行き方はもちろんバスを使って行く方法もご紹介しています。
また、主要観光地からの所要時間も紹介していますのでご参考にして頂ければと思います。

青の洞窟がある場所と住所

青の洞窟は、沖縄本島のほぼ中央にある恩納村の真栄田岬にあります。
恩納村は、沖縄を代表する西海岸ビーチリゾートエリアですので、リゾートホテルや観光地なども多い地域になります。
住所は、沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1(オキナワケン クニガミグン オンナソン マエダ)になります。
下記グーグルマップをご確認ください。

青の洞窟までの移動手段

沖縄にはモノレールの「ゆいレール」がありますが、那覇市周辺のみの路線になりますので、那覇市以外の観光ではあまり使えない移動手段です。沖縄はゆいレール以外に鉄道はありませんので、観光で沖縄に来られる方の多くはレンタカーを利用するのではないでしょうか。
レンタカーの料金は、1日3500円ほどですので3日間借りても10000円前後で借りることが出来ますし、自由に行動ができますので沖縄で最も便利な移動手段です。運転に自信が無い方や免許が無い方以外は、レンタカーを利用することをお勧めします。

レンタカーを利用しない場合には、主な移動手段はバスかタクシーになりますが、目的地によってはバスでは行きにくい場合も少なくありませんし、タクシーでは料金が高くなってしまうこともあります。
那覇空港から真栄田岬までは約50キロの距離があります。レンタカーでしたら1時間程で行くことができますが、バスを使った場合には1時間30分から2時間程掛かってしまうこともあります。また、バスの本数も1時間に1~2本前後と少ないですので、ある程度の待ち時間が発生することもあるでしょう。

レンタカーで青の洞窟に行く

レンタカーで青の洞窟に向かう時には、カーナビに住所を入力すると良いでしょう。
真栄田岬の住所は、「沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1(オキナワケン クニガミグン オンナソン マエダ)」になります。
カーナビによっては、「国頭郡」を省略して入力するナビもあります。また、「国頭村」という地名も沖縄にはありますが、別の場所になりますのでご注意ください。
沖縄自動車道(高速道路)で向かわれる方は、「石川インター」から10分程の距離になります。名護方面(北方面)から沖縄自動車道で向かわれる方は、「屋嘉インター」では出られませんので、石川インターで高速を出てください。

主要観光地からレンタカーで向かった場合の所要時間
沖縄の道路は、時間帯によっては渋滞することも少なくありません。交通状況で所要時間が前後することが有りますので、時間には余裕をもってお出かけるようにしましょう。

那覇空港および那覇市内 高速利用で1時間~1時間20分(一般道では1時間30分ほど)
美ら海水族館 高速利用で1時間~1時間20分(一般道では1時間30分ほど)
古宇利島 高速利用で1時間~1時間20分(一般道では1時間30分ほど)
ひめゆりの塔・平和記念公園 高速利用で1時間20分~1時間30分(一般道では1時間50分ほど)
残波岬・むら咲むら 20分
琉球村・ビオスの丘 5分
万座毛 25分

大手レンタカー会社を最安値で skyticket

沖縄レンタカー50社最安値比較 レンナビ

格安レンタカー比較・予約 たびらい

バスで青の洞窟に行く

バスで青の洞窟に行くには、「路線バス」だけでなく、「空港リムジンバス」や「沖縄エアポートシャトル」を利用する方法もあります。
路線バスは、地元の方の利用に合わせたバスになりますので、各バス停に停まり時間が掛かってしまうデメリットがありますが、真栄田岬まで徒歩圏内まで行くことができます。
空港リムジンバスや沖縄エアポートシャトルは、那覇空港から主要ホテルまで移動する方向けのバスで、高速を利用しますので渋滞に巻き込まれることが少なく、大きな荷物も持ち込みやすいなどのメリットがあります。デメリットとしては、真栄田岬から少し離れたバス停までしか行けないことです。

どのバスを利用すると便利かは、「バスに乗る場所」と「青の洞窟ツアーの集合場所」によって変わります。
那覇空港や県庁付近または北部の名護や本部(美ら海水族館)など、青の洞窟まで距離がある場所から行くときには、空港リムジンバスや沖縄エアポートシャトルを利用すると便利です。ただし、真栄田岬まで徒歩では少し遠いバス停で降りることになりますので、バス停に近いショップ集合のツアーに参加すると良いでしょう。
北谷町、読谷村、恩納村など、青の洞窟までそれほど距離が無い場所から行くときには、路線バスを利用すると便利です。路線バスはバス停が沢山ありますので、参加するツアーを選ぶときの選択肢が広くなるでしょう。

路線バスで青の洞窟に行く場合には、那覇空港からは「120番 名護西空港線」、那覇バスターミナルからは「20番 名護西線」に乗車し、「久良波」のバス停で下車して頂ければ、真栄田岬までは1.2キロで徒歩15分ほどになります。
または、一つ手前のバス停「山田」で下車し「48番 石川~読谷線」に乗り換え「真栄田」で下車して頂ければ、真栄田岬までは550メートルで徒歩7分ほどになります。ただし、1時間に1本あるかないかの路線になりますので、乗り換えの時間が合わないことも多く利用しずらいと思います。
「120番 名護西空港線」と「20番 名護西線」は、沖縄の主要道路である国道58号線沿いを走る路線バスになりますので、アメリカンビレッジがあるた北谷町などから乗車することも出来ます。
また、青の洞窟近くの国道58号線沿いには、ダイビングショップが沢山ありますのでバス停から近いショップでツアーに参加すると便利です。

空港リムジンバスは、那覇空港が始発で那覇バスターミナルを経由した後に、恩納村南部のホテルや読谷村のホテルを回り、終点の読谷バスターミナルに向かう路線です。複数の路線がりますが、「Cエリア」または「CDエリア」の路線が、青の洞窟がある恩納村を通る路線です。
青の洞窟に最も近いバス停は、「ルネッサンスリゾートオキナワ」になりますが、真栄田岬までは2.3キロあり徒歩30分ほどの距離がありますので徒歩では少し大変だと思います。「ホテルムーンビーチ」のバス停で降りて頂ければ、付近にダイビングショップが多くありますので、集合場所が徒歩圏内のショップツアーに参加すると便利です。
沖縄エアポートシャトルは、那覇空港が始発で県庁北口を経由した後に、恩納村のホテルや名護市・本部町を回り、終点は美ら海水族館付近のホテルに向かう路線です。
青の洞窟に最も近いバス停は、「おんなの駅」になりますが、真栄田岬までは2.9キロあり徒歩36分ほどの距離がありますので徒歩では少し大変だと思います。「タイガービーチ前」や「サンマリーナビーチ前」のバス停で降りて頂ければ、付近にダイビングショップが多くありますので、集合場所が徒歩圏内のショップツアーに参加すると便利です。
「空港リムジンバス」や「沖縄エアポートシャトル」は、空きがあれば予約は不要ですが、当日乗れないと困りますので事前に予約をしておくと安心でしょう。

一部のダイビングショップでは、近くであれば無料で送迎をしてくれるショップもあります。バス停まで送迎をして貰ったり、恩納村内に宿泊するなどしショップの送迎を利用するのも一つの方法です。
また、恩納村や読谷村から青の洞窟に向かう場合には、それほど距離がありませんのでタクシーの利用も検討してみましょう。

バス会社の方式サイトはこちら バスをご利用の場合には、各バス会社の公式サイトで最新の情報をご確認ください。
沖縄バス株式会社 公式サイト沖縄バスが運航する路線バス・空港リムジンバスの詳細はこちらをご確認ください。
琉球バス交通 公式サイト琉球バス交通が運航する路線バスの詳細はこちらをご確認ください。
沖縄エアポートシャトル 公式サイト沖縄エアポートシャトルの詳細はこちらをご確認ください。

アクティビティ予約サイト 沖縄トリップ

レジャー・遊び予約サイト アソビュー

旅先体験の予約プラットフォーム KLOOK

あわせて読みたい 関連記事

ページトップへ戻る