青の洞窟に行く事前の準備をしよう

青の洞窟に行く事前の準備を紹介予約から当日までも流れと準備すると便利なもの

青の洞窟に行く事前の準備

青の洞窟に行く時は、事前に幾つかの準備をしておくと良いでしょう。
事前の準備には、水着やタオルなどの持ち物だけでなく、健康状態の確認なども必要になります。また、酔い止めなど人によっては準備をしておくと便利なものもあります。
せっかくに沖縄旅行です。準備不足で楽しめない事がないようにしましょう。
当日までに必要な準備を、初めての方でもわかりやすいようにご紹介させていただきます。また、ショップのツアーによっても必要な準備が異なる場合が有りますので、お申し込みをされたツアーの注意事項や持ち物なども確認しておきましょう。

事前に必要な準備

ツアーに参加するには予約が必要です

ダイビングショップなどが開催しているツアーは事前予約が必要になります。
シュノーケルやダイビングは、インストラクター1名が対応できるお客様の人数が限られるため、ツアーに参加出る人数も限られてしまいます。
少人数制や貸切プランなどで開催しているショップや人気があるショップのツアーでは、予約が早めに埋まってしまうことも多いようです。
ゴールデンウイークや夏休みなどのハイシーズンには、かなり早い時期に予約が埋まってしまうこともありますので、予定が決まったら早めに予約をしておくと良いでしょう。
予約をする時期の目安としては、ハイシーズン時期は1か月前、それ以外の時期は2週間ほど前には予約をしておくことをお勧めします。

持ち物を準備しましょう

ツアーを利用して青の洞窟に行く場合は、ウエットスーツやマスクなどの器材はショップが準備してくれることが多いでしょう。
ツアーにより異なりますが、参加者で準備が必要な物は次のようなものがあります。

水着とタオル
水着とタオルは参加者で準備するツアーが多いと思います。
ホテルのタオルは持ち出しが禁止されている場合も多いので、準備しておいた方が良いでしょう。更衣室やシャワーがないショップもありますので、そのようなツアーに参加する時には着替えやすい大きめのタオルが便利です。
また、ポンチョタオルなど着替えに利用できるタオルも女性にはお勧めです。
ポンチョタオルを探す【楽天市場】

ウエットスーツの下に着る水着はどのような物でも問題ありません。男性は体にフィットしたものが動きやすいですが、サーフパンツなどを利用している人が多いようです。女性はビキニタイプで上下が別れている水着がトイレなどで便利です。
肌の露出が気になる方は、ウエットスーツ下にはラッシュガードを着ることも出来ますので準備しておくと良いでしょう。

日焼け止めやラッシュガード
ほとんどのツアーではウエットスーツを着用しますので、泳いでいる時は体が日に焼けることは少ないと思います。顔や首など日に当たる部分に日焼け止めを塗っておきましょう。
海やボートには荷物を持って行けない場合が多いですし、ショップについてから日焼け止めを塗る時間が無いこともありますので、集合前に日焼け止めを塗っておくことをお勧めします。

コンタクトの予備
視力が悪い方は、度付きの水中マスクを準備しているツアーもありますので問い合わせてみましょう。
ただ、ボートの上など海に入っていないときは、マスクを付けませんので余り使い勝手が良いとは言えません。それ程お金が掛かる訳ではありませんしマリンスポーツ以外でも便利なときがあると思いますので、普段は眼鏡を利用されている方は使い捨てコンタクトも検討してみましょう。
コンタクトレンズを利用する場合には、ソフトコンタクトを利用するようにしましょう。また、海では紛失をしてしまうことも少なくありませんので、使い捨てのコンタクトを利用し予備を準備しておくと良いでしょう。

酔い止め
ボートを使わないビーチエントリーのコースでも、シュノーケルやダイビング中に波酔いをすることがあります。乗り物酔いがある方は酔い止めを服用すると快適に楽しめるでしょう。
また、体調が悪いと酔いやすくなると言われていますので、睡眠を十分に取り体調を整えて参加するようにしましょう。

必要書類
ツアー参加には書類の記入が必要になります。当日ショップにて記入する場合が多いようですが、現地に集合のツアーの場合は持参する必要があることもあるようです。
また、未成年の場合には、保護者の承諾書が必要になりますので事前に記入して持参しましょう。
必要書類を忘れてしまうと参加できなくなってしまうこともあります。ショップからのメールなどをしっかりと確認し、不安がある時には問い合わせてみましょう。

参加条件や病歴を確認しましょう

ショップの参加条件と病歴確認を必ず確認するようにしましょう。特定の病歴がある場合には当日参加ができなくなってしまう可能性があります。
友人などと参加する場合には、友人の病歴までは知らないことが多いと思います。参加者全員の病歴を確認するようにしましょう。
本人は大丈夫と思っている病歴でもリスクが高い病気もありますし、現在は完治している過去の病気であっても参加出来ないこともあります。病歴確認は参加者の安全確保のために行われています。チェック項目を正確に確認するようにし、不安な点がある時には参加するショップに必ず確認するようにしましょう。
病歴や健康状態に関する詳細は、病歴をチェックしようのページをご確認ください。

当日は体調を整えましょう

体調を崩してしまった場合には、青の洞窟が楽しめないばかりかツアーに参加が出来なくなってしまうことがあります。当日は体調を整えるようにしましょう。
薬を服用していると参加が出来なくなる場合もあります。風邪薬や花粉症の薬などもダイビングはNGです。自己判断で服用せずにショップに確認するようにしましょう。
また、アルコールを摂取していると参加が出来ません。当日は量に関係なくあるアルコールは摂らないようにし、前日の飲酒も控えるようにしましょう。

集合場所と所要時間を確認

集合時間に遅れると、参加が出来なくなってしまうことがあります。
沖縄は時間帯によっては渋滞することも多く、思ったより移動に時間が掛かかってしまうこともあります。また、真栄田岬の現地に集合するツアーでは、ハイシーズンには駐車場が満車になり駐車場に入るのに30分以上かかることも少なくありません。土地勘が無い方が多いと思いますので、時間には余裕を持って行動するようにしましょう。

アクティビティ予約サイト 沖縄トリップ

レジャー・遊び予約サイト アソビュー

旅先体験の予約プラットフォーム KLOOK

あわせて読みたい 関連記事

ページトップへ戻る