真栄田岬の海で見られるいきものの写真

真栄田岬の海で見られるいきものの写真青の洞窟がある真栄田岬で見られるいきもの

真栄田岬のいきものを写真で紹介

青の洞窟で有名な真栄田岬は、沖縄を代表するシュノーケルやダイビングスポットと言えるでしょう。
真栄田岬と言えば青の洞窟が有名ですが、魚の種類や生物の多さも沖縄でトップクラスの海になります。シュノーケルや体験ダイビングなど初心者の方でも、南国っぽいカラフルなチョウチョウウオやスズメダイの仲間、大きなツバメウオや細長いヤガラの仲間などを簡単に見ることが出来ます。
季節によってはウミウシやコブシメ、日によってはイワシの大群やグルクマの群れなどをみる事が出来るなど、季節や日々の違いがあるのも真栄田岬の魅力なのかもしれません。
アクセスも良く気軽に楽しめるダイビングポイントのため、初めてシュノーケルやダイビングをする方におすすめの海になります。

青の洞窟と聞くと初心者が多いイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、ベテランダイバーや写真派ダイバーなどにも人気のダイビングポイントになっています。
真栄田岬のダイビングポイントはかなり広く、砂地やドロップオフなど変化にとんだ地形になっています。
真栄田岬に訪れるダイバーの大半は、ビーチエントリーで使う階段を降りて右側にある青の洞窟方面に向かいます。こちら側の海はなだらかに深くなる地形のため、スズメダイやチョウチョウウオの仲間、大きなツバメウオ、細長いヤガラなどを見ることが出来ます。また、外洋に面した海になりますので、イワシやサバの仲間などが大きな群れになって現れる事もあります。
階段を下りて左側の海は、30メートル付近まで続くドロップオフになっており、ドロップオフ沿いにはウミウシやエビ、カニの仲間も多く生息しています。ドロップ沿いのガレ場には、ジョウフィッシュの仲間に出会える時もあります。深場は砂地になっており、ヒレナガネジリンボウ、ヤシャハゼ、チンアナゴなどが生息しています。珍しいハゼとしては、ミナミホタテツノハゼも観ることが出来ます。
階段を下りて正面の深場には、左右に細長い根がありアオウミガメを高確率で見ることもできます。運が良ければ、マダラトビエイやヤッコエイなどに遭遇することもあります。
真栄田岬周辺は透明度も高く、レアな生物も多いためベテランダイバーにも人気のダイビングスポットになっています。

真栄田岬で見られるいきものの写真

クマノミ
チョウチョウウオ
ハタタテダイ
ロクセンスズメダイ
ハリセンボン
ツバメウオ
グルクマの群れ
ミノカサゴ
コブシメ
ミナミハコフグ幼魚
イワシの群れ
アオウミガメ
アオブダイ
ルリスズメダイ
ヘラアヤガラ
ムラサメモンガラ
ツノダシ
アカマツカサ
アカヒメジ
キンギョハナダイ
ハマフエフキ
ウメイロモドキ
アオヒトデ
カブトクラゲ

ホテルが選べてフライトもJAL J-TRIP

Jetstarで行く格安旅行 ニーズツアー

国内航空券+ホテル予約 エアトリプラス

あわせて読みたい 関連記事

ページトップへ戻る