ファンダイビングとはこんな遊び

ファンダイビングとはこんな遊びですファンダイビングの特徴や参加資格を紹介

ファンダイビングとは、ダイビングライセンスを持ってる方を対象としたインストラクター同伴でダイビングが楽しむめるコースです。
ダイビングライセンスを取得すると、インストラクターなしでもダイビングを楽しむことができるようになりますが、インストラクターが水中でも同行してくれるファンダイビングに参加する方が大半です。

ファンダイビングでは、当日のコンディションや参加者の経験に合わせて、ポイントの選択やポイントに適してダイビング手順などのアドバイスを受けることが可能です。また、ボートや車など、ダイビングポイントまでの移動手段の手配なども行ってくれることが一般的です。
水中ではインストラクターが先導してくれるので、見たい生物や見たいものをインストラクターが案内してくれたり、トラブルが起こった時などにもアシストを受けることが可能ですので、初心者から上級者まで魅力があるコースと言えるでしょう。
ダイビングライセンスを持っている方が、ダイビングを「より楽しく」「より安全に」参加することができるコースと言えるでしょう。

ファンダイビングでは、体験ダイビングのような基本的なダイビング方法のレクチャーは基本的に行われません。ダイビングライセンスを持っていない方はファンダイビングに参加することが出来ませんので、ライセンスが無い方を対象として体験ダイビングに参加しましょう。
また、ブランクがあったりダイビングスキルに不安がある方は、事前に開催するショップに連絡しておくようにしましょう。参加者に合わせたサービスを受けることができる場合があります。
ダイビングライセンスについては、ダイビングライセンスのページをご確認ください。

ファンダイビングは誰でも参加出来るの?

ファンダイビング風景

ファンダイビングは、ダイビングライセンス所持者を対象としたコースです。ダイビングライセンスを持っていない方は参加できませんので体験ダイビングに参加しましょう。

ダイビングライセンスには、指導団体やランクなど多くの種類があります。
指導団体とは、PADIやNAUIなどライセンスを発行している会社の違いになるのですが、ほとんどのショップでは他の指導団体のライセンスでも利用できることが一般的です。例えば、PADIのライセンスを持っている方は、NAUIのショップでも参加することが出来ます。
ただし、一部では利用することが出来ない場合もありますので、申し込み時に確認するようにしましょう。
ライセンスのランクは、受けているトレーニングのレベルとなりますので、潮の流れが速いポイントや深度が深いポイントなどでは、一定以上のランクのライセンスを持っていることが参加条件となる場合が有ります。また、ライセンスのランクだけでなく、経験本数やブランク期間によって判断されることもあるようです。
この傾向は、海外のダイビングサービスで強い傾向にありますので、申し込み時に確認するようにしましょう。

ダイビングを安全に楽しむには、参加者の経験やスキルに合った海で楽しむことが大切です。
ファンダイビングの参加条件は、参加者の安全を確保するために設けられており、ショップにより参加条件は異なります。申し込み時には、そのショップの参加条件を確認する必要があります。
その他、病歴や健康状態によっては参加ができないことがあります。

体験ダイビングとファンダイビングの違い

ダイビングに詳しくない方の中には、体験ダイビングとファンダイビングの違いが良く分からない方も多いと思います。
体験ダイビングは、ライセンスが不要で気軽に参加できることが最大の魅力ですが、安全のため多くの制約があり自由にダイビングが楽しめないデメリットもあります。
開催しているショップにより多少の違いはあると思いますが、体験ダイビングとファンダイビングの違いをご紹介します。

潜れる深さが変わります

体験ダイビングでは、潜れる最大深度が12メートルまでに制限されています。
ライセンスを持っている方は、トレーニングのレベルによりますが最大で40メートルまでのダイビングが可能になりますので、体験ダイビングと比べると深い海に潜ることができるようになります。
初心者にとっては、12メートルの深度は深く感じると思いますので、初心者がダイビングを楽しむには十分な深度と言えます。ただし、12メートよりも深いところに見どころがあるダイビングポイントも沢山ありますので、深い水深でのダイビングが出来ることは、ライセンスを取ってファンダイビングに参加するメリットの一つと言えるでしょう。

水中での自由度が高くなります

体験ダイビングでは、参加者とインストラクターが常時アシストが出来る距離にいる必要がありますので、水中での自由度が低くなってしまうと言えるでしょう。
体験ダイビングでは、万が一トラブルが発生した時に直ぐに対応できる必要があることから、水中を自由に泳ぐことは出来ないと考えたほうが良いでしょう。体験ダイビングでは、通常インストラクターが手を引っ張って移動をしたりすることが一般的です。初心者の方にとってはインストラクターが近くにいる安心感がありますが、水中を自由に移動したい方には物足りなく感じることもあると思います。
それに対してファンダイビングでは、基本的なトラブルの対処法を身に着けている方が参加している前提ですので、水中での自由度が高くなると言えるでしょう。水中を自分で泳いだりある程度自由に楽しみたい方は、ライセンスを取得してファンダイビングに参加することをお勧めします。

難易度が高いダイビングに参加できる

体験ダイビングは、難易度が低い海での開催が前提となります。
波が強かったり潮の流れが速い海などは、基本的に体験ダイビングでは潜れないことが多いでしょう。また、水中洞窟やナイトダイビングなどのダイビングも、体験ダイビングでは参加することが出来ないダイビングです。
世界中の海には、体験ダイビングでは行くことが出来ないダイビングポイントが沢山あります。ファンダイビングでは、トレーニングのランクにもよりますが、体験ダイビングでは楽しむことが出来ない海に行くことが出来るようになります。
本格的なダイビングを体験してみたい方は、ライセンスを取得してファンダイビングに参加することをお勧めします。

アクティビティ予約サイト 沖縄トリップ

レジャー・遊び予約サイト アソビュー

旅先体験の予約プラットフォーム KLOOK

あわせて読みたい 関連記事

ページトップへ戻る