混雑を避けて青の洞窟を楽しもう

混雑を避けて青の洞窟を楽しもう青の洞窟が混雑する季節や時間を紹介

青の洞窟は、沖縄を代表するシュノーケルやダイビングの人気スポットになりますので、ゴールデンウイークや夏休みなどのハイシーズン中は、多くの方が訪れ混雑してしまうことも少なくありません。
混雑をしていても、青の洞窟を楽しむことはもちろん出来ますが、できれば人が少ない時期や時間にゆっくり楽しみたいと思う方の多いのではないでしょうか。
青の洞窟が混雑しやすい時期や時間を紹介させて頂きますので、青の洞窟に訪れるときの参考にしていただければと思います。

青の洞窟が混雑する季節は?

青の洞窟について

青の洞窟が混雑する季節は、皆さんの予想通り夏の時期になります。シュノーケルやダイビングは夏に楽しむ方が多いですし、青の洞窟のコンディションが安定する時期でもありますので、この期間に多くの方が訪れるのは当然と言えるでしょう。

青の洞窟が最も混雑する時期は、夏の中でも夏休み期間中になります。夏休みは家族旅行をしやすい時期になりますし、気温も暑いため海に入る方も多くなりますので、青の洞窟が一年で最も混雑してしまいます。
次に混雑する時期は、7月の初めから9月の末までの夏の期間になります。海に入るシュノーケルやダイビングは、どうしても温かい季節に人が集中する傾向にあります。気候が良い時期に混雑することは仕方がないのかもしれません。
その他、ゴールデンウイークや10月の連休も青の洞窟は混雑することが多いようです。この時期の沖縄では、ウエットスーツを着用すれば快適に海を楽しむことができますので、連休と重なれば混雑することも納得できるのではないでしょうか?
3月は、春休みの家族連れや卒業旅行などで青の洞窟に訪れる方が多くなりますが、まだ少し寒い時期になりますので混雑するほどではありません。
年末年始の連休は、観光で沖縄に訪れる方は多い時期になりますが、寒い季節になりますので青の洞窟が混雑することはありません。

気候が良い時期や連休など休みが取りやすい時期は、青の洞窟を訪れる方が多くなりますので青の洞窟は混雑してしまう傾向にあると言えるでしょう。
この時期しか沖縄に来れない方は、混雑する時間をさけて青の洞窟に行くことも考えてみましょう。
お勧めの季節の詳細はこちら

青の洞窟が混雑する時間は?

青の洞窟について

皆さんが行きやすい時間帯であるほど、青の洞窟も混雑してしまう傾向にあります。
青の洞窟は、ツアーなどで訪れる方が圧倒的に多くなりますが、ツアーに参加するには事前に予約が必要になります。予約は決められた時間に行く必要があるため、午前中に青の洞窟に行って午後からは予約が必要でない観光地などに行かれる方が多い傾向にあるようです。そのため、青の洞窟は午前中のほうが混雑してしまいます。

恩納村付近に宿泊をされている方は、青の洞窟までの移動に時間が掛かりませんので、朝8時や9時などの早い時間帯が人気があるようです。那覇市など少し遠い場所に宿泊されている方は、10時~12時頃など少し遅めに予約をされる方が多いようです。また、昼食を取った後に参加される方も多いようで、13時や14時も込み合う時間帯となっています。
青の洞窟は、朝の8時から14時頃が最も込み合う時間帯になりますので、ハイシーズン中のこの時間帯はある程度の混雑を覚悟する必要があるでしょう。
最も空いている時間は早朝の6時から7時頃になり、この時間帯であれば殆ど人がいない青の洞窟を楽しむことができます。午後は、15時を過ぎると徐々に人が少なくなってきますが、17時頃まではピークタイムほどではありませんが多少混雑をすることもあるようです。
多くの方が行きやすい時間帯ほど混雑してしまう傾向にありますので、夏などのハイシーズンに混雑を避けるには早朝や夕方などがお勧めです。
ちなみに、沖縄は日本で最も南西に位置していますので、東京と比べると50分ほど日没時間が遅くなります。少し遅いかなと思う時間でも、沖縄ではまだまだ明るい時間帯になりますのでおすすめです。
夏場や連休などのハイシーズン以外でしたら、青の洞窟がそれ程混雑することはありません。混雑を余り気にする必要は無いと思いますので、都合が良い時間に参加して楽しむと良いでしょう。

駐車場の混雑にも注意

青の洞窟が混雑するのは海の中だけではなく、駐車場も混雑してしまいますので注意しましょう。
青の洞窟がある真栄田岬は、公園のように整備がされていてます。この施設には、駐車場、シャワー、トイレなども整備されています。
青の洞窟がある真栄田岬の詳細はこちら
真栄田岬には180台の駐車スペースがありますが、夏場やゴールデンウイークなどのハイシーズンには、常に満車の状態になってしまい30分~1時間程待つことも少なくありません。朝の8時頃には満車になってしまうことも少なくなく、夕方は15時頃までは満車の状態が続きます。

せっかく沖縄に来たのなら、出来るだけ効率的に観光をしたいと思う方も多いのではないでしょうか?じつは、この駐車場の混雑は簡単に避けることが出来ます。
駐車場の混雑を避けるには、「ボートを利用したツアーを利用する」と「ショップ集合のツアーを利用する」の2つの方法で簡単に避けることが出来ます。
青の洞窟にボートで行く場合には、真栄田岬ではなく5分ほど離れた港からボートが出航しています。真栄田岬と港の駐車場は異なりますので、ボートを利用するツアーでは駐車場が混雑することはありません。また、ダイビングショップなどに集合するツアーでは、専用の駐車場が完備されているショップも多くありますので、参加を検討しているショップに確認をしてみましょう。
真栄田岬の現地に集合するツアーは、料金が安い傾向にあることが魅力となりますが、駐車場の混雑は覚悟しておく必要があるでしょう。
真栄田岬周辺には、コインパーキングなど車を停められる場所はありません。また、周辺住民の迷惑になったり緊急車両の妨げになってしまいますので、路上駐車はしないようにしましょう。
真栄田岬に集合するツアーに参加する場合には、駐車場の混雑を見越して余裕を持って到着するようにして予約時間に間に合うようにしましょう。
また、青の洞窟まで近いホテルに宿泊をされている場合には、レンタカーではなくタクシーで真栄田岬まで行けば、駐車場の待ち時間を気にせず楽しむことができるでしょう。

アクティビティ予約サイト 沖縄トリップ

レジャー・遊び予約サイト アソビュー

旅先体験の予約プラットフォーム KLOOK

あわせて読みたい 関連記事

ページトップへ戻る