青の洞窟に行けるお勧めダイビングショップ

青の洞窟に行けるお勧めダイビングショップ青の洞窟ツアーを開催しているダイビングショップの紹介

青の洞窟ツアーを開催しているダイビングショップは沢山ありますので、どのショップを選んだらよいのか分からない方も多いと思います。
同じシュノーケルやダイビングのツアーであっても、ショップにより個性があり内容が大きく違うのもこの業界の特徴かもしれません。違いが大きいと言うことは、ショップ選びは非常に大切とも言うことができるのではないでしょうか。
参加される方の好みもありますので、一概にどのショップのツアーが良いと言うことは出来ませんが、ショップ選びは非常に大切だと思います。ダイビングショップ選びのポイントをご紹介させて頂こうと思います。

ダイビングショップ選びのポイント

ダイビングショップ風景

青の洞窟ツアーを開催しているダイビングショップを選ぶときは、次の5つのポイントをチェックするようにしましょう。

ダイビングショップを選ぶ5つのポイント ・ビーチエントリーとボートエントリーがある
・ショップ集合か現地集合かを確認しよう
・料金(追加料金なども確認しましょう)
・水中写真や送迎付きなどのオプションの違い
・ショップの雰囲気や接客など目に見えない部分が最も大切

ビーチエントリーとボートエントリーがある

青の洞窟ツアーには、ビーチとボートの2つのエントリー方法があります。
どちらのエントリー方法で青の洞窟に行っても、泳ぐ海は同じ場所になりますので海の綺麗さや魚の多さは変わりませんが、ビーチエントリーとボートエントリーにはそれぞれにメリットとデメリットがあります。参加される方に合ったエントリー方法を選ぶことが大切です。

ビーチエントリーのメリットは、足がつく浅瀬から海に入ることができる所にあり、シュノーケルやダイビングに不安を感じている方でもストレスが少なく楽しめると思います。また、少人数での開催が可能ですので、プライベート感があるツアーが開催ができたり、早朝や夕方など混雑を避けた時間に青の洞窟に行けることも魅力です。その他、船酔いの心配がない、現地集合でも施設が充実しているなどもメリットもあります。
ボートエントリーのメリットは、階段の上り下りがありませんので、体力を使わず楽にダイビングが楽しめることだと思います。また、波が高いときであっても影響を受けにくい事から、青の洞窟に行ける確率が高くなると言われています。その他、ボートに乗ること自体に魅力を感じる方もいますし、駐車場の混雑を心配しなくても良いなどのメリットもあります。

それぞれのエントリー方法には、メリットだけでなくデメリットもありますので、どちらが良いとは一概に言うことは出来ません。自分に合ったエントリー方法のツアーに参加すると良いでしょう。
エントリー方法の特徴についてはビーチorボートどっち?のページをご確認ください。

ショップ集合か現地集合かを確認しよう

青の洞窟ツアーには、ダイビングショップなどのお店に集合するコースと現地に直接集合するコースがあります。
ショップに集合するコースは、更衣室、シャワー、貴重品ロッカー、駐車場などの施設が充実していることが魅力で、より快適にシュノーケルやダイビングを楽しむことが出来ることが多いでしょう。
このようなショップは効率よりもサービスを重視している傾向にありますので、満足度が高いサービスを受けられる傾向にあると言えるでしょう。ただし、移動時間が掛かることや料金がやや高めであることが多いようです。

真栄田岬や港など現地に集合するコースは、効率を重視している傾向にありますので、短時間で楽しめたり料金が安いことが魅力になります。
真栄田岬にはシャワーや貴重品ロッカーなどの施設がありますが、ハイシーズン中の駐車場はかなり込み合う傾向にあります。港集合の場合には駐車場が込み合うことは少ないようですが、漁港になりますのでシャワーや貴重品ロッカーなど施設はありません。これらの施設を利用したい方にとってはデメリットとも言えます。

どちらのツアーが良いとは言えませんが、内容を重視したい方にはショップ集合がおすすめで、料金や効率を重視する方には現地集合がおすすめと言えるでしょう。

料金(追加料金なども確認しましょう)

少しでも安いツアーに参加したい方もいれば、料金よりもサービスを重視したツアーに参加したい方もいると思います。参加者の希望に合った料金とサービスを見つけることが大切です。
青の洞窟ツアーの料金には、必要な全ての料金が含まれていないこともありますので、追加で必要な料金が無いかを確認するようにしましょう。器材のレンタルなど、参加する上で必ず必要になるものは無料の場合が多いようですが、水中写真などのサービスが別料金になっていることは多いようです。また、現地集合に場合には、駐車場、シャワー、貴重品ロッカーなどが別途必要になりますので、ツアー料金が安くても総額が高くなってしまうこともあるようです。
料金の目安としては、シュノーケルは4,000円、体験ダイビングは8,000円前後が相場と言えるでしょう。これよりも安いツアーはお値打ちな料金と言うことが出来ますし、高いツアーは何かしらの魅力があると考えることも出来ます。料金とサービスを比較してショップを選ぶと良いでしょう。

水中写真や送迎付きなどのオプションの違い

青の洞窟のツアーには、魅力的なオプションがついていることが多いと思います。
水中写真や動画の撮影を行っているショップも多くあり、写真や動画が欲しい方には魅力的なサービスだと思います。また、ホテルなどに無料で送迎をしてくれるショップもありますので、レンタカーを借りていない方や運転に不安がある方には便利です。その他、水着やタオルのレンタル、度付きマスクのレンタル、託児所の併設などのサービスがあることもあります。
これらのオプションは、無料の場合もあれば有料の場合が有りますので事前に確認をしておきましょう。

ショップの雰囲気や接客など目に見えない部分が最も大切

趣味でダイビングをしている方が最も重視するものは、ショップの雰囲気や接客と言われています。
シュノーケルやダイビングは、インストラクターと2時間近く一緒に行動しますので、楽しさと言う面では非常に大きな要素になると言うことが出来るでしょう。どれだけ綺麗な海をみても、ショップやインストラクターの対応が悪ければ楽しさは半減してしまいます。
ショップの雰囲気や接客は目に見えない部分ですので、事前に判断することは難しいかもしれませんが、幾つかのことである程度は判断することができるでよう。友人や知人が行ったことがあるのなら感想を聞くことが出来れば最も確実です。また、口コミサイトなどの評判も一つの参考になりましす、ショップのブログを確認すればある程度の雰囲気は分かることもあります。その他、ショップに直接電話をしてみてその時の対応で判断するのも良いでしょう。

お勧めのダイビングショップ紹介

当サイトが厳選したお勧めのダイビングショップをご紹介させて頂きます。

マリンクラブクレア

所在地 沖縄県国頭郡恩納村谷茶138
電話番号 098-966-8412
ホームページ https://www.crea-diving.biz
メニュー シュノーケル、体験ダイビング、ファンダイビング、ダイビングライセンス、ナイトシュノーケル
エントリー ビーチエントリーとボートエントリーの選択が可能
施設概要 温水シャワー、更衣室、貴重品ロッカー、専用駐車場、ドライヤー
サービス 貸し切り開催、水中写真撮影、水中動画撮影、無料送迎(一部地域)、タオルレンタル

アクティビティ予約サイト 沖縄トリップ

レジャー・遊び予約サイト アソビュー

旅先体験の予約プラットフォーム KLOOK

あわせて読みたい 関連記事

ページトップへ戻る