沖縄 青の洞窟 について

沖縄青の洞窟について

青の洞窟はどんな所?青く見える秘密は?

沖縄 青の洞窟とはどの様な所でしょうか?現地にある設備等も紹介しています。

沖縄 青の洞窟について

                

青の洞窟と名前が付いている所と言えば、「イタリアの青の洞窟」と「沖縄の青の洞窟」が有名です。
沖縄の青の洞窟は観光雑誌はもちろん、テレビや雑誌等でも取り上げられ沖縄を代表するダイビングやシュノーケルのスポットになっています。
ここ数年は海外でも有名になり毎年多くの方が訪れるようになりました。
多い時には一日1000人以上の方が訪れ、夏場の青の洞窟は一大観光スポットになり賑わいを見せています。

                青の洞窟でのダイビング                 

沖縄は琉球石灰岩と呼ばれる岩が多くあり、この岩は珊瑚が化石のようになって出来たものです。そのため、柔らかく浸食され易い性質で沖縄には数多くの洞窟が存在しています。
沖縄に多くある洞窟ですがそのほとんどは陸上か海中にあり、青の洞窟のように海と陸の中間にある洞窟は珍しい存在です。
そんな珍しい洞窟の中でも、青の洞窟は絶妙な洞窟の形によって他に無い光景を作り出す、奇跡の洞窟と言えるでしょう。

                

最近は宮古島や石垣島でも青の洞窟と名前を付けた洞窟があります。
どちらも青く綺麗に見えるのですが、恩納村の青の洞窟が最もスケールが大きく綺麗に見えると思います。
洞窟の水深や独特の地形、洞窟の外の魚の多さなども群を抜いた存在です。
同じ名前のスポットになり最近は間違えてツアーを申し込まれる方も多くなっています。青の洞窟と言う名前の付いたスポットが沖縄本島恩納村以外にもあることに注意してツアーに申し込みをしましょう。

青の洞窟が青く見える理由

                

青の洞窟が青く見える理由は少し難しくなります。簡単に説明させて頂きます。
地球に届く太陽の光は白(無色)に見えますが、実はいろいろな色の光が混ざり合っています。虹などを思い出せば納得出来るのではないでしょうか?
光の色の違いは、光の波長の違いでもあります。波長は青、緑、赤の順に長くなります。長い波長の光は水の中を進むと徐々に吸収され失われていきます。逆に波長の短い青い光は吸収されにくいため、水を通した光は青い光しか通過できず青く見えます。空が青く見えるのも同じ原理です。
なので水を通した光は何処でも青く見えるのです。

                沖縄青の洞窟水中                 

では何故青の洞窟は、そんなに有名になったのでしょうか?それは、独特の地形が関係しています。
青の洞窟の水面が青く見える所は、陸上は岩により太陽の光が入りにくく薄暗くなります。しかし、水中で岩がえぐられた様に穴が開いており、大量の光が入ってきます。
陸上は薄暗いのですが、水中が明るいため水面がライトアップされたように輝くのです。この輝く光は、海水の中を進んできた光なので青い光しか届かず、水面が青一色の光に染まるという訳です。
これが青の洞窟の水面が青く輝く理由です。

ダイビングで水中が青く見える理由も似ています。
青の洞窟の奥は暗くなり、光が殆ど入ってきません。そんな洞窟の奥から外を見ると、海の中に入った光が見え輝いているように見えるのです。

                

沖縄の青の洞窟は自然が偶然作り出した芸術品とも言えるのではないでしょうか?
少し難しくなりましたが、頭の片隅に入れて青の洞窟に行ってみると、また違った見え方をするかもしれませんね。

青の洞窟がある真栄田岬の施設

真栄田岬管理事務所 真栄田岬広場 シャワー、更衣室

青の洞窟がある真栄田岬の陸上は、公園のように整備され設備も充実しています。
シャワー室や更衣室などもありますので、ダイビングやシュノーケルも快適に楽しむ事が出来ます。
また、ダイビングやシュノーケルをしない方も多く訪れる絶景スポットにもなっています。周辺には遊歩道も整備されていて、岬の周りを散策する事が出来ます。岬の逆側(西側)は、夕日が海に沈むポイントとしても有名です。

                

管理事務所があり皆さんが安全・快適楽しめるように管理をしてくれています。
施設は誰でも使用できますが、施設利用料の代わりに駐車料金が掛かります。1時間100円でとても安いので必ず駐車場に車を入れましょう。周りの道への路上駐車は近所の農家の皆さんの迷惑になりますのでやめましょう。
その他にも施設利用の注意事項が多数あります。多くの方が訪れる場所です。ルールとモラルを守って楽しみましょう。

                

簡単に施設の説明をさせて頂きます。
有料駐車場:180台駐車可能で料金は1時間につき100円です。大型車等は予約制で別料金になります。
有料シャワー:男女別で各10台 1回200円が掛かります。
コインロッカー:1回百円
トイレ、ドライヤー、双眼鏡等の施設もあります。
その他、芝生の広場や遊歩道や軽食が食べられるお店もあります。
また、万が一の時のために、AED(自動体外式除細動器)や担架、救急箱等も設置されています。

                

施設や駐車場の営業時間は、季節により異なりますのでご注意ください。
海のコンディションにより真栄田岬の管理事務所で、遊泳の禁止やショップのツアー以外の遊泳を禁止している場合があります。必ず守って楽しむようにして下さい。

                

真栄田岬ホームページ に詳しい施設の案内が載っています。参考にしてみて下さい。